1. ホーム
  2. 更年期
  3. ≫更年期症状にエクオールと言われる理由と、大豆イソフラボンと腸内細菌の関係

更年期症状にエクオールと言われる理由と、大豆イソフラボンと腸内細菌の関係

更年期障害

更年期になると新たな選択が迫られます。

50代になって、

  • 「急に体がほてって大量に汗をかく」
  • 「ちょっとしたことでイライラする」
  • 「疲れやすくなってきた」

などと感じていませんか?

それは、女性ホルモンの減少による更年期の症状かもしれません。

更年期症状をやわらげるとして注目されている成分、それが「エクオール」です。

更年期の症状とエクオールの作用

エストロゲンの急激な減少で、心身ともに「知覚過敏」になる更年期

更年期とは

「1年間連続して月経がない」閉経前後の10年間を言います。

女性の閉経は、50歳前後で、更年期はおおよそ45歳から55歳の間になります。


この時期には、2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のうち、特にエストロゲンの分泌が急激に減少し、体にさまざまな症状が出てきます。

最初に表れるのが、急なのぼせやほてり(ホットフラッシュ)、発汗、めまいといった自律神経系の症状です。

その後、だるさ、肩こり、頭痛、耳鳴り、物忘れ、記憶力の低下、不眠、不安感などさまざまな症状が出て、動脈硬化のリスクも高まります。

においや音のような外からの刺激、体内の痛み、精神的なストレスを感じやすくなります。

つまり、更年期は体も心も「知覚過敏」になります。

大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンのように働いて、更年期の症状を緩和することは、最近、一般的に雑誌でも紹介されているので、知っている人が増えてきました。

その後、研究が進み、大豆イソフラボンの代謝成分「エクオール」がエストロゲンに似た働きをすることがわかってきました。

エクオールは、閉経前には体内でエストロゲン受容体に結合し、エストロゲン過剰による症状をやわらげ、ホルモンバランスを保ちます。

一方、閉経期移行はエストロゲンに変わって、それと似た働きをします。
しかも、エストロゲンが促進する卵巣がん、乳がんなどには抑制効果があると考えられています

大豆イソフラボンは腸内細菌によって「エクオール」に変化

大豆イソフラボン

豆腐、油揚げ、ゆば、投入、納豆、おからなど日本の昔からの食材には大豆がふんだんに使われています。

大豆にはたんぱく質、カルシウムやカリウムなどのミネラル、ビタミンB群、葉酸といったビタミンのほか、レシチンやイソフラボンなどの湯用な成分がたっぷりと含まれています。

大規模な免疫学会の結果から、日本の女性が欧米の女性に比べて心臓病による死亡率や骨折率が低い、乳がんが少ない、またほてりやのぼせといった更年期症状が強くないのは、大豆製品に含まれるイソフラボンがゆるやかにエストロゲンの補充を行っているから、だと考えられています。

また、実際、大豆製品を多く取っている人ほど更年期症状が強くない、という研究結果も出ています。

大豆イソフラボンには

ゲニステイン
ダイゼイン
グリシテイン

という3つの成分があり、この中のダイゼインが腸内細菌によって代謝され、エストロゲン様の作用をモツエクオールに変わります。

体内でエクオールをつくりだせる腸内細菌としては、乳酸菌のラクトコッカス20-92株など15種類が知られています。

ところが、この腸内細菌の作用には個人差があり、エクオールを作れるのは日本や中国、台湾の女性で、50〜60%、欧米女性は、30%前後と言われています。

つまり、日本人女性の約半数は、大豆製品を一生懸命食べたとしても、更年期症状の緩和が期待できる人は、2人に1人ということです。

エクオールを食品として摂取すると

ホットフラッシュや肩こりが軽減

近年、エクオールを食品として摂取すると更年期にどんな効果があるのかを調べる研究が進められています。

その中で、

    <liホットフラッシュの改善

  • 首や肩こりの緩和
  • 目尻のシワの開眼
  • 骨量減少の抑制

などの効果が確認されています。

例えば、1日1回以上のほてりを自覚する45歳〜60歳の閉経後の女性160名にエクオールを食品として摂る群と「プラセボの食品を摂る」群の2つに分け、12週間食べた調査を開始しました。

すると、エクオール群の58.7%がほてりが減ったと報告されています。

これは、プラセボ群の34.5%と比べると差が出ています。

また、同じ試験でエクオール群では、首や肩こりも軽くなることもわかっています。

他にも糖尿病のリスクを示すHbA1c(グリコヘモグロビン)の値が下がる、悪玉のLDLコレステロールの値が低下するなどの効果も明らかになっています。

<プラセボ効果とは>

有効成分(この試験ではエクオール)を含まないもので作った(偽成分)を「プラセボ」と言い、乳糖やでんぷんが使用されます。

エクオール検証試験では、被験者を「エクオール10g摂取」「プラセボ摂取」の2グループに分かれています。

被験者も調査協力も、誰がどちらを摂取しているかわからない「二重盲検比較試験」をとっています。

ホルモン補充療法が受けられない人にも「エクオール」を

診察

更年期症状の治療は、エストロゲン、あるいはエストロゲンとプロゲステロンの両方を補充するホルモン補充療法(飲み薬、貼薬、クリーム)、漢方薬、サプリメントが中心です。

ホルモン補充療法は乳がん、脳血管生涯、血栓症などの既往のある人にはできません。
また、子宮出血、乳房の張りなどの副作用が出ます。

ホルモン補充療法が行えない人は、エクオール食品を食べるのが一番です。

また、最近では、エクオールの検査キットがあり、体内でエクオールを作れるかどうか、調べることもできます。

大豆イソフラボンを食べても、エクオールを生成できないのであれば、直接サプリメントなどでエクオールを摂取した方が実感でっきます。

検査キットで調べるか、それとも早めに、エクオールのサプリメントを摂取するか、オススメです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。